築160年の町家
培われてきた歴史と文化

青海の間

京の風情と温もり感じる京町家

1980年代 近代化の波に呑まれ、昔ながらの京町屋が消えてゆく中、百足屋はそんな伝統と文化を残し、継承するため、京都で先駆けて京町屋を活用し復元した料理屋です。
通り庭やおくどさんなどの空間はもちろん、生活文化や食文化を生きたかたちで残した、京の風情と温もりを感じて頂けるお店です。

明治中期の骨格をそのままに復元した百足屋は、玄関を入ると「うなぎの寝床」といわれるように奥行きが深く、吹け抜けになった通り庭やおくどさんが、当時の雰囲気のまま残されていいます。 京都人の暮らしや文化を肌で感じさせてくれる空間です。

お料理

京の職人が磨き上げた伝統的な京懐石と、京の先人が培ってきた文化的なおばんざい料理を織り交ぜた、オリジナルのおばんざい懐石料理です。季節の食材を活かし、歳時記に合わせたおばんざいを懐石に取り入れた、体を癒し四季を感じていただける、本格的な京の食文化を、気軽に楽しんでいただける内容となっております。

お知らせ

百足屋のご案内

百足屋

住所
〒604-8214
京都府京都市中京区新町通錦小路上る
百足屋町381

電話番号/FAX(ご予約・お問合せ)
075-256-7039 / 075-256-2707

営業時間
昼 11:00〜14:00(L.O)
夕 17:00〜21:00(L.O)

定休日
毎週水曜日
※4月、11月は休まず営業しております。